(出典 vmimg.vm-movie.jp)



14 名無しさん@お腹いっぱい。

誰かダ・ガーンの話してくれw
自分はファイバードは知ってるが
ダ・ガーンはよく分からん





15 名無しさん@お腹いっぱい。

胸に地球ってデザインは今見ると一周して戻ってきてかっこいい
当時新型だったのぞみがパーツというのもクールだ


17 名無しさん@お腹いっぱい。

>>15
胸に(半)球体はゼオライマーとかいたからデザインとしては悪くない
ダ・ガーンのテーマである地球を象るのも良いと思う


16 名無しさん@お腹いっぱい。

今の新幹線ならつま先がやたら長くなるな


18 名無しさん@お腹いっぱい。

初グレート合体時に「え、顔がライオン!? それはどうなの!?」と驚いたっけな
直後に胸に移動した時は何故かちょっと寂しかった


19 名無しさん@お腹いっぱい。

>>18
胸が地球からライオンになるのは残念かなと思いつつも、地球は額に移ってるんだよな
流石にダ・ガーンXの時に比べるとサイズが小さいから見栄えはイマイチだけど


20 名無しさん@お腹いっぱい。

ダ・ガーンはヤンチャーのキャラなどの批判などもいろいろあるが、個人的に後味の悪い終わり方のないところが良かった。
そりゃ最終話でその後が見たかってのもあるけど、普段の回では後味は悪くなかったと思う。

まあヤンチャーは嫌いな部類に入るのは断言できるが、意外と星司も「トラブルメーカーではないと言えるか?」と言われれば、実はそうでもないんだなw
まあでもさすがにヤンチャーも王子とはいえ、精神年齢は実年齢より低いわなw


(出典 destiny-strike.com)


24 名無しさん@お腹いっぱい。

「それなりに自炊できてちゃんとした学校生活を送っている一人暮らしの小学生」ってだけでもすげぇ


25 名無しさん@お腹いっぱい。

最終回といえば、組んでいた両手を大きく広げる→降りてくる星史に駆け寄る、っていう蛍の行動が印象深かったなあ
なんつーか、当時の印象そのまま言うと、すごい可愛かった


26 名無しさん@お腹いっぱい。

なぜか>>25のシーンがダ・ガーンで再生された。


27 名無しさん@お腹いっぱい。

>>26
使命を終えたんだからちゃんと見守っていてくれw


28 名無しさん@お腹いっぱい。

じゃあダ・ガーンの勇者の石がはまってた仏像でw


32 名無しさん@お腹いっぱい。

ダガーンXってそのあとの勇者シリーズ主役の弱点を補ってる万能タイプなんだよな。
マイトガインとゴルドランにはない飛行機能と銃砲、Jデッカーにはない剣

それなのにグレートになると苦戦ばかり。


33 名無しさん@お腹いっぱい。

グレートダ・ガーンも他のグレート勇者並に強い。
・・・が相手が全勇者シリーズいち悪過ぎる。


34 名無しさん@お腹いっぱい。

敵が強すぎたんだ、仕方ないさ
まあ顧客であるお子様達はそんな言い訳聞いてくれやしませんが


35 名無しさん@お腹いっぱい。

でも子供の頃からダ・ガーンが一番好きな俺がいるぜ
ダ・ガーン最大の敵は製作側のゴタゴタな気もする


37 名無しさん@お腹いっぱい。

最終回の頭パーツと胸ライオン以外なくなってるGダ・ガーンGXが結構好きだったりする。


41 名無しさん@お腹いっぱい。

ダ・ガーンの設定って放送時と年シンクロだっけ
ちょっとだけ未来だったような記憶がうっすらとある(小説限定かも)


43 名無しさん@お腹いっぱい。

>>41
星史は82年生まれで、放送は92~93年だけどいずれも星史の誕生日前だから
当時9~10歳、そしてアニメ本編は星史が11~12歳の時の物語だから
アニメの方が2年ほど先行してるね。


44 名無しさん@お腹いっぱい。

オーボス星って、Gダカーンとペガサスバイソンのトリプルフォーメーションで破壊できなかったのだろうか?


45 名無しさん@お腹いっぱい。

第2話と第4話に出てきた戦闘機が同じものにしか見えなくて
今後の合体どうすんだと思ってたら別物だと判って安心した


47 名無しさん@お腹いっぱい。

「隊長、命令を」で勇者達の隊長として成長しきったからな。


48 名無しさん@お腹いっぱい。

ダ・ガーンが諦めたのは今にして思うと新鮮だったなあ。
勇者で諦めたのって他にいたっけ、ダグベースが爆破される前の翼くらいしか思い浮かばないけど。


50 名無しさん@お腹いっぱい。

12話の最後らへんのレストランに
団長と一緒にいた女性はピンキーじゃないの?
ED見たら中の人も違ってたし


51 名無しさん@お腹いっぱい。

「落し物はダイレクター」(?)はギャグ回としても通常回としても高レベル。
普段の自身のお調子者キャラを活かした星史のクレバーさがたまらん。


52 名無しさん@お腹いっぱい。

>>51
何気に視聴者の疑問にも答えてるのが良い感じだ。
ピンキーの妄想で布をまとった勇者達も結構サマになってたな。


53 名無しさん@お腹いっぱい。

全開バリバリ~
梁田氏が勇者シリーズで珍しく純粋な正義キャラだった一例



(出典 www.yusha.net)


54 名無しさん@お腹いっぱい。

ビオレッツェ演ってる一方でね<ターボランダー

他にもレッドロン=シャトルセイバーとか、

根本さん=ビッグランダーとか、
セブンチェンジャー=ピンキーの手下とか。


55 名無しさん@お腹いっぱい。

ジェットセイバーは星史の担任だぜ


56 名無しさん@お腹いっぱい。

そういやマッハランダーもひかるの親父さんだね


57 名無しさん@お腹いっぱい。

兼役してない人の方が少ないのう


59 名無しさん@お腹いっぱい。

「ともだちは魔女」
ピンキー正体明かしのエピソードは、あらすじわかっていてもショッキングだった


65 名無しさん@お腹いっぱい。

ダ・ガーンはBGMも最高


67 名無しさん@お腹いっぱい。

ダ・ガーンは個人的にずっと印象に残っていて好きな作品だ


70 名無しさん@お腹いっぱい。

この作品の最終回、思い出すと年甲斐もなく涙が出そうになる


71 名無しさん@お腹いっぱい。

セブンチェンジャーって悪者だっけ?


72 名無しさん@お腹いっぱい。

実際には悪者のふりをしてただけだが、そのためにスカイセイバーに
瀕死の重傷負わせるとか、さすがにやり過ぎだと思う。


77 名無しさん@お腹いっぱい。

>>72

「この程度ならよけられるだろ」くらいに思ってたんじゃないの?w


73 名無しさん@お腹いっぱい。

裏切ればどうなるかわからないんだから、死なない程度が適切だとおもうよ


74 名無しさん@お腹いっぱい。

昔なので記憶が怪しいが、石が機体から離れてすでに死と同じ状態だったのでは?
ホークセイバーが復活する鍵になってたのだっけ?
彼の存在を知っていた上での行動だったのかな…セブンチェンジャー


75 名無しさん@お腹いっぱい。

自分にやられるくらいなら、オーボスには到底かなわない
くらいには思ってそうだね


76 名無しさん@お腹いっぱい。

そうか、任務に関してはずいぶん冷ややかな性格だな
マスターに対する思いやりというか忠誠心は凄まじいのにねえ


82 名無しさん@お腹いっぱい。

オーボスに降ったら負け犬のレッテルを晴らすどころか
まんま負け犬→飼い犬路線じゃないか

何の意味がある?


85 名無しさん@お腹いっぱい。

螢は地球の声みたいな特異な存在であって欲しかったな、最後は役目を終えて…、どうなるかは考えてないが。
セブンチェンジャーが悪役で終わるとか考えたこともなかったけど上の寝返り説を想像してしまうな
敵地に潜入、内部から壊そうとした人達。格好いいから別にそれでいいや


(出典 pbs.twimg.com)


89 名無しさん@お腹いっぱい。

ビオレッツェだっけ?
猫の姿になってしまったが、彼は後にピンキーと共に幸せになったと思いたい


92 名無しさん@お腹いっぱい。

最後の戦いで、伝説の力が発動したとき
セブンチェンジャーも光となって伝説の勇者になったから
長かった孤独な戦いもようやく報われたんだろうな


97 名無しさん@お腹いっぱい。

ケンタッキーのチキンを持ち帰りする帰り道にペガサスセイバーの曲を聴くと、どこか申し訳ない気持ちになる


98 名無しさん@お腹いっぱい。

>>97の頭の中ではペガサスセイバーはニワトリかいな





スポンサーリンク